スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレンジングオイルって肌に悪い!?

クレンジングオイルが肌に悪いとよく聞きます。
それは、クレンジングオイルには界面活性剤という成分が入っているからです。
クレンジングオイルに入っている界面活性剤というと、肌に悪いという印象をもたれがちですが、クレンジングオイルにも含まれるように、油分と水分を混ざりやすくし、お化粧落しには、なくてはならない成分なのです。
このような界面活性剤の働きがなければ、油性の汚れを落とすことはできないのです。
界面とは、異質物質同士が接触した面のことで、例えば、水と油の境目のことです。
クレンジングオイルは油を落とす力が非常に強いので、使いすぎると肌にとって必要な油分までも落としてしまう場合があります。

一方、石鹸は界面活性剤を含まないため、クレンジングオイルほどの効果がありません。
クレンジングオイルを選ぶ際は、質の良い界面活性剤が入ったものを選びましょう。
又は、質の良い界面活性剤が入ったクレンジングオイルを選びましょう。

もし質の悪いものを使ってしまうと、湿疹など肌のトラブルにつながる場合があるので注意してください。
洗顔後にぬるぬるした感じが残ったりしたら、それは界面活性剤が残っている証拠ですから、しっかり洗い落としましょう。 科学的に合成された界面活性剤というのもあり、これを合成界面活性剤といいますが、肌の表面を壊してしまうという悪影響が報告されています。

クレンジングオイルについて詳しく書かれたサイトです。参考になります。

私達の、生活の身近に使われていますが、大気汚染など重要な課題を残しているのも事実なのです。
このような問題もあるので、クレンジングオイルを使うときは、事前に成分表示を確認するほうがいいと思います。
クレンジングオイルには、界面活性剤を使用していないものもあるので、自分の肌質を考えて、そのようなものを選ぶといいでしょう。 市販品の中には、界面活性剤を使用していないクレンジングオイルもありますので、お肌の弱い方はそちらを選ぶと良いでしょう。


ジャムウについてなすが語るブログ
マッサージでバストアップ
バストの悩み

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

*いつき*

Author:*いつき*
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。